占いをして信じることができました

職場の人間関係ですごく悩んで転職を考えるようになりました。しかしもう30代ですし、今から転職して成功するのか不安で、なかなか行動することができずにいました。姉から良い占い師を紹介してもらい、緊張しながらも自分の気持ちを伝えることができました。占い師は私のことをすごくわかっていて、どんな性格なのか、どのような毎日を過ごしているか当てたので、びっくりしました。

鑑定している間夢中で占い師の話を聞いたので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。鑑定結果を聞き、前向きに転職活動をすることにしました。転職活動をしてからは良い会社がすぐに見つかり、面接が受かりスムーズに転職することができました。転職中でのアドバイスを何度か占い師にしてもらったおかげで、良い会社に転職することができたんですよね。

新しい職場ではみんなとても仲良しですし親切な人達ばかりなので、楽しく仕事をすることができるようになりました。30代なので転職は無理だと諦めていたのですが、占い師の力でうまくいったと思います。姉に良い占い師を紹介してもらったことを感謝しました。

本当は占いって信じていなかったんですけど、こうして占い師と話をすることで、言っていることがすごく当たっていたので信じることができました。色々な占いがありますが、今は占いがとても好きになっています。何かあれば占いをしたいと思うようになり、自分でも占いについて勉強したりして趣味になりました。

占いをして良かった!嫌われてしまったけど彼と復縁

失恋して彼にすがってしまいました。その結果電話、メールを拒否されてかなり嫌われてしまいました。三ヶ月経っても元彼のことが忘れられず、もやもやした毎日を送っていました。ずっと気になっていた電話占いをしてみようかなと思い、たくさんの占い師さんの顔写真を見ながら、ある先生がとても優しそうだったのでこの先生に占ってもらおうかなと軽い気持ちで電話をしてみました。

占い師さんってすごく偉そうなのかなと思ったのですが、全然偉そうではなくて驚きました。話をきちんと聞いてくれますし、まだ私が話していないようなことでもわかっていたので話をしていてすごくワクワクしました。元彼にかなり嫌われてしまった私なので、復縁することは難しいでしょうかと聞いてみたのですが、三ヶ月以内に復縁できると鑑定結果で言われて、ちょっと信じられませんでした。

先生の言うようにまずは一切連絡をせずにいたのですが、三ヶ月後に彼の方から連絡が来て、よりを戻したいと言われたんです。先生の言うように彼には好きな人がいたようなのですが、その彼女にフラれて、私に戻ってきたんです。彼に好きな人がいたから私に冷たい態度をとっていたと先生は説明してくれました。彼と私はとても相性が良いと言われました。

彼と復縁してからはすごく彼が優しくなり、さらに仲が良くなりました。先生に連絡するなと言われてからは不安な毎日でしたが、連絡しなかったおかげで、彼は私の良さを思い出してくれたんだと思います。占いってすごいなと思います。

常に思い描き伝えようとすれば伝わる・・・それが思念伝達の効果

私は普段から思念伝達効果を信じるほうです。信じるというのか日ごろから相手に思う事は口にも出すことがありますが、強い思いを念にして相手に伝える方法もとります。

その方法は物事を伝えたい相手が目の前や近くにいある場合は強く念や視線でその思いを伝えようとします。
しかし相手が近くにいなかったり、その人となかなか話が出来るチャンスがない場合は常に相手のことを思い考えて相手に伝えたい事を描きます。

そして次には相手にその事が伝わったイメージを描き続けます。そのイメージをする事で思いや念が形になって相手に伝わるという経験を幾度としてきました。

一度相手に思いを伝えることに成功すると、次からは面白いように成功できることが思念伝達の良いところだと私は感じます。
しかし思念伝達で一つだけしていけない事があると私は感じています。それは相手に嫌なことを伝えようとしたり、相手が不幸になることを思い描くことが決してしない方が良いと感じます。

出来たら常に愛に包まれている事や自分の思いを分って分ってよりも、互いに幸せになるれるような事柄を思念伝達の中に含ませていると私はよりその効果が発揮されるんだと思います。

また自分が常に思念伝達をしていると、相手の気持ちや想いを読む心を養うことができるのも不思議なところです。
とにかく今の私は常に自分の相手の幸せを描きながら思念伝達を使っていると感じているので、この思いが相手にも必ず届き続けると感じています。

手相占いはレアな手相があったら嬉しいもの

占いは数多くの種類があります。中でも興味深いのが手相占いです。手相は本当人によって異なるため、他の占いよりは信憑性が高いのではないかと個人的に思っています。それに線の配置さえ見極めることができれば、素人でも自分の手相を診断することが可能なのが手相占いの魅力的なポイントだと思うのです。
とはいえ素人では線の判別のつかないことがよくあります。現に私がそうです。テレビで手相占いのコーナーがあったら、写真と自分の手を比べてみるのですが、線なのかシワなのかはっきり分からず、一体どの線のことを指しているのだと唸ることがよくあります。
分かりやすい手相もあるにはありますが、基本的には判断がつかないことのほうが多いです。それに右と左ではまったく手相が違うこともあり、どちらの手相で判断すれば良いのかと思うこともしばしあります。
私の場合、右と左では明らかに左のほうが線が多いのです。見れば一目瞭然というか同じ手なのにここまで違うのかと感じるほどです。左のほうが小じわのようなものが多いのです。そのため左手で手相を判断することが困難を極めるのです。線がごちゃごちゃしているというか、右手のほうがまだ手相が分かりやすいです。
私は占いを信じるほうではないのですが、手相占いはお遊び要素が豊富と言いますか、レアな手相があったら、結果どうこうよりも嬉しくなります。なので私は手相占いに関しては結果よりも、どれだけ珍しい手相があるかということに重きを置いています。

占いを信じる?信じない?

現在では沢山の占いがありますね。
四柱推命や風水・姓名判断や手相・六星占術や血液型占いなど細かいものまで数えれば数えきれないくらいの占いがあります。
街角等で行われている占いもあれば最近ではネット専業の占い師も多く出てきました。
占い師が占いを始める際には特に資格などは不要で自己流で始める人もいれば占いチームや占い館等で自分の力を磨いて独立する人もいます。
さて占ってもらった事がある人であれば経験もあるかと思いますが占い師の予言は千差万別です。
Aの占い師とBの占い師が言う事が異なっているという事はよくあります。
総じて信用されやすい占い師というのは否定的な意見よりは肯定的な意見が多い占い師やそのお客さんの言わんとする事を見抜く力が優れている占い師です。
占いを信じるか信じないかと言われればそのような力が備わった人間は皆無か、いたとしてもごく僅かでしょう。
街角で繁盛している占い師は占いの力が優れているというよりは人生経験や対人経験の豊富な占い師という事が言えます。
優秀な占い師であればあるほどそのお客さんの悩みや解決ポイント・改善アドバイスをすぐに見抜く事が出来ます。
ただ占いに来たお客さんと占い師とは初対面である事がほとんどです。そのためいきなり「あなたはここが悪いからこうした方が良い」と正面を切ってアドバイスをしても信じてもらえないのです。
そのため占い師という職業や占いグッズのお告げというものを間接的に挟み、「このようなお告げが出ています」とお客さんに伝えてあげる事で説得力を付けているに他なりません。
占いを信じるか信じないかは個人次第ですが優秀な占い師であればあるほど人間を見る眼が養われた人格の持ち主という事は言えるでしょう。

占いは選択のヒントの一つ

占いは今の時代でも信じられて、困ったときは相談に行く人は多いと聞きます。
特に今の若者(都会の女性)は占い好きと聞いたことがあります。
当たる当たらないは二の次として、気持ちが落ち着くみたいです。
約3000円くらいのお金を払うと相談事について占ってくれるみたいです。
良い事だけでなく、悪い事も言われるそうですが、そこがまた良いみたいです。
人とはそのようなものなのかと第三者としては思ってしまう事もたびたびです。
以前、お金持ちの方のお宅に伺ったときに、神棚に大きな封筒がおいてあってそれが実は占いだった事を聞いたこともあります。
自分のこれからの進むべき道に迷ったときに、依頼すると占ってくれて、送付してくれるシステムだそうです。
かなりの社長さんたちや企業家たちは、相談する事ができないときにそのような人のところへ相談に行ったり、郵送で送ってくれるように頼んでいるとの事でした。
すべてが自分の考えだけで人生を決めているのでは無い事を知りました。
誰かの助言に基づいて自分の迷いを選択するのも良い事なのでしょう。
間違っていると思ったら信じなければいいので、占いを否定せず良い面は取り入れて、悪い面はそれなりに考慮して、これからの進む道を探すのは良い事です。
大きな迷いを自分だけで悩まず、占いを助言と捉え、一つのヒントとして考えるのは迷いを解決するための良いヒントになるでしょう。